社長あいさつ

代表取締役 森下 新太

微生物とともに生き、人々を幸せに

前社長より引き続き、微生物を生かした取り組みを使命とし「微生物とともに生きる」をスローガンに事業活動を全力で進めております。

私たちの社会は、便利になっている一方、環境に与えているストレス(負荷)は益々増加しています。私たちが豊かな社会を次世代へ、つないで行くには、包括的な、持続可能な社会を見据えた行動が必要になっております。私たちの周りには、肉眼では見えない小さな生き物たちが、無数に存在しています。この小さな生き物たちが「微生物」です。

日本では古くから目に見えない微生物を活かしてきました。世界で最初とされるパスツールらが無菌法を発見する300年前の1560年から「火入れ」という微生物の無菌法が使われてきました。また、日本には鰹節、味噌、醤油、お酢、漬物、日本酒など、微生物を使った様々な発酵食品があります。私たちは、実際に、微生物の海に住んでいると言って良いでしょう。微生物は地球上の先住者であり、私たちはこの地球上で生まれて共生しています。この共生という戦いの中、大自然は英知を蓄積し、その英知に学んで命の営みが続いています。

例えば、私たちが作り出したゴミや汚水は微生物達が分解し、私たちは健康的な生活が出来ています。市場には微生物を殺す好戦的な商材に溢れています。しかし、私共は自然の理の通り、微生物と共存できる事業を推進します。汚染と病気を防ぐために、世界中で環境分野のシンバイオティクスSynbioticsから生物多様性保全を進めて参ります。私たちの健康と豊かな未来のために、これからの皆様、パートナーや諸先輩方の皆様には今後とも益々のご指導賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長 森下 新太

このページの先頭へ
このページの先頭へ